サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

平成29年度
青年部会長所信

平成29年度
事業活動

多くの参加者を募集します
志塾開催内容

平成29年度
組織紹介

出張講演受付中
出張志塾

確かな技術のプロショップ
会員工場紹介

青年部の活動を応援します!
企業会員紹介

埼玉県自動車
車体整備協同組合 

日本自動車車体整備
協同組合連合会青年部

日本自動車車体整備
協同組合連合会

マスコミ関連記事
プレスリリース

志塾開催予定
29年度スケジュール

参加しませんか?      
志塾参加・入会申込

 
 プライバシーポリシー

 

  車体協青年部 平成29年度 会長所信
  
  イメージ写真

我々業界の未来へ向けて、
       埼玉が道しるべに!


会長 南 貴之
 

  今、世界経済は一つの大国、アメリカ大統領が変わったことによる波紋が広がり、大きく動き出そうとしている。しかしそれは正と出るか負と出るのかは誰にも分からず、世界全体に期待と不安が入り乱れている状況ではないだろうか?
たった一つのきっかけで、全世界が大きく変わっていく、その変わりゆく世界に対応するべく、事前に推測し対策をとっていかなければ、世界から我々日本が取り残されていくのではなかろうか?
このような移りゆく世界情勢の中、我々車体整備業界は何も変わらず、これからの未来を明るく歩んで行けるのだろうか?そんな筈は無い!! 時代・IT・法律・保険等、様々な変化により、我々業界として避けては通れない問題が次々と現われてくる。
EV・ハイブリッドといった最新技術と言われたものも、今では常識、衝突被害軽減ブレーキの代表でもあるアイサイトも特許が切れ、他社でも搭載となるなど衝突被害軽減ブレーキはとてつもないスピードで進化し、エアバックやABSの様に全車標準装備となる日も、そう遠い未来では無いだろう。燃費向上の為の軽量化が進み、パネル素材の変化。樹脂による色塗りの交換パネルが増え、この先カーボンファイバーなど今まででは考えられない素材がフレームに使われる日も必ず来る。

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」

CMでも使われているジュール・ヴェルヌの言葉にも有るように、様々なものが実現されて来た、勿論これからも次々と実現されていく事だろう。
我々の生活スタイルも変わってきている。今やスマートフォンやタッチパネルが常識、古いナビゲーションより日々更新される地図アプリ、若者の車離れは年々進み、反比例に伸びるカーシェアリング、多くの方が車に乗っている団塊の世代も数年後には乗らない、となる日もすぐ近くに見える。
団塊ジュニア世代の私たちの未来は、待っていても誰も手を差し伸べてはくれない。
どんぶり勘定だった時代から、パソコンソフトで簡単に作れるザル勘定。しかし少ないなとザルの内容も理解せず、適当に上乗せしてどんぶりに近づけてみては、「幾らになりますね。」そんな説明の出来ないもので、経営はしっかり出来るのでしょうか?しっかり経営が出来なければ、業界として信頼して頂ける業界にはなれない!
信頼の出来ない業界に魅力は無い!魅力が無ければ働きたいとも思えないだろう?
いやっ、私たちには技術がある!! それに対しての誇りもある!! 
しかしそれを広める手段を私たちは上手く出来ているのだろうか?もっともっと多くの方に広め、素晴らしい技術を直接お届けするべきではないだろうか?
お客様への安心・安全を担う為には、最新の知識や設備などが求められる、その為にもこれからの未来へ向け、会員同士のより強い結束や情報共有を推し進め、我々も進化をし、時代の、そして業界の先端を常に歩いて行こうではないか!!
車は進化し続けているのに、我々業界の中の常識に埋もれ、進化をしようとしない者たちは化石となって地に埋もれていく、そんな仲間は作りたくはない!

今一度問いたい!!
「今何もせず、このままで本当に明るい未来があるのだろうか?」
「今何もせず、このままでお客様から信頼して頂ける業界となるのだろうか?」
「今何もせず、このままで我々業界の地位向上は出来るのだろうか?」

その為にはまず、現状をしっかり把握し、5年後10年後の未来を見据え、今から対応していく。

これらの問題を個々の意識改革で成長する事による小さな力が、業界を変える大きな力となる!
業界の底上げが、より強い組合の発展へと繋がっていく!
私たちの結束で新たな時代を創っていく!
埼車協青年部が、この志塾が、全国の先駆者となれるよう努力し共に歩みましょう。
 

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

公演ありがとうございます

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース