サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

令和二年度
青年部会長所信

令和二年度
事業活動

多くの参加者を募集します
志塾開催内容

令和二年度
組織紹介

出張講演受付中
出張志塾

確かな技術のプロショップ
会員工場紹介

青年部の活動を応援します!
企業会員紹介

埼玉県自動車
車体整備協同組合 

日本自動車車体整備
協同組合連合会青年部

日本自動車車体整備
協同組合連合会

マスコミ関連記事
プレスリリース

志塾開催予定
二年度スケジュール

参加しませんか?      
志塾参加・入会申込

 
 プライバシーポリシー

 

  車体協青年部 令和二年度 会長所信
  
  イメージ写真

ノーアタック ノーチャンス
〜行動してチャンスを掴もう〜


会長 相馬 順治
 

   昨今の日本経済は景気拡大期間が戦後最長と言われていますが、景気回復の実感が乏しく、景気実態と景況感が大きく乖離している状況です。
 日経平均は 20,000 円台をキープしているものの、実際の社会では好景気の実感が湧かないまま今年 10 月に消費税の増税が予定されています。2020 年に向けてのオリンピック特需が終焉を迎えることから、設備投資や経営判断にも慎重にならざるを得ない状況です。
我々自動車業界に目を向けてみると「モビリティー改革」、「CASE(ケース)」などのワードが示すように、自動車業界は 100 年に一度の転換期にあると言われています。
サステナブル経営(持続可能な経営)の実現のためには、トレンドを踏まえたうえで“経営ビジョン”を定め、経営ビジョンに向けた“経営戦略”を思い描くことが極めて重要であると考えられます。
 その中で鈑金業界全体を見ると「若者の車離れによる保有数の減少」「衝突軽減自動車の増加に伴う追突事故の減少」さらには「自動車のハイテク化による設備の刷新や研修教育の経費増加」など不安要素は増すばかりです。
 また、2019 年 4 月より順次施行されている「働き方改革」により、時間外労働の是正、有給休暇取得の問題など様々なことが今後経営に影響があると思われます。
このような厳しい状況の中で我々はどのようなマインドで今後会社経営をしていけばよいのでしょうか? まずは自らの行動 意識を変え、地域貢献 社会的責任を果たし、ともにビジネスを応援してくれるお客様、社員、取引先など関わる人に満足していただける会社(お店)づくりが必要になります。
 自らが襟を正し「安全・安心」を提供していく使命感を持ち、安定した会社経営を目指そうではありませんか。埼玉 志塾では「次世代に自信をもって渡していける業界を作る」をキーワードに、共に目標に向かい成長していく場にしていきたいと思っております。
 「今後の志塾への思い」 我々埼車協青年部 志塾は主に「鈑金塗装業」を主体に会社経営をしている企業の勉強の場でありました。しかし、目まぐるしく変化する自動車業界、縮小するマーケットに生き残りをかけた戦国時代へと突入している今、鈑金塗装業の一本足打法だけでは難しいと感じている方も多いのではと思います。埼車協青年部志塾は 単に鈑金塗装だけを商いとする集団ではなく、自動車にまつわるトータルなサービスも提供できる会社経営を目指し、勉強をしていこうと考えております。
我々の最も重要な使命は、自社のお客様に充実したカーライフをお届けすることであり、お客様のカーライフの「安全、安心」をいつでもお約束することです。そのためには 各企業相互扶助の組織力と精神と志しが不可欠であり それが「志塾」の想いとなるものです。
 「ノーアタック ノーチャンス」この言葉は レーシングドライバー佐藤琢磨さんの信条である言葉です。
今の時代に求められる姿勢を表していると思いませんか?挑戦しないとチャンスは生まれません。待っていてチャンスが訪れることがあるかもしれませんが、そのチャンスも本当に必要なタイミングでやってくるとは限りません。だとしたら自らチャンスを掴みに行く行動が重要です。
 また、レオナルド・ダ・ヴィンチも「幸運の女神には、前髪しかない」という言葉を残しています。幸運の女神には前髪しかないので向かってくるときにつかまないと、通り過ぎた後に慌ててつかもうとしても髪がないのでつかめない。
訪れたチャンスをつかめるのは僅かな瞬間だけです。後になって「あの時思い切ってやっておけば…」「もっと注意をして見ておけばよかった…」という経験は私自身も何度もあります。
「チャンスをつかむのは一瞬」なので素早い決断力が幸運をつかむカギになります。
チャンスをつかみに行くにも、訪れたチャンスをつかむためにも日頃からの勉強や情報交換が不可欠となります。
今までは「一度成功したやり方で一生食べていけた」また「一度手にした職で一生安泰でした」。
しかし、そんな時代は終わり、「一度 手にしたやり方や職で一生を過ごせない」という厳しい時代を迎えました。それは、少子高齢化社会と商品サービスのライフサイクルが極端に短くなっているからかだと思います。この自動車業界に残っていくには時代に合わせて“変化を楽しむ心”と、変えてはいけないものを“しっかり守る心”とが、大事かと思います。自らが「襟を正し」お客様 取引先 社員 家族をも含めて関わるすべての方と利益を分かち合うことが、企業永続に繋がり、お客様のカーライフを、社員の生活を守ることに繋がるのです。

 変化を楽しみ意識改革をすること、さらに個々の成長が業界を変える大きな力となる! 業界の底上げが、より強い組合の発展へと繋がっていく!私たちの結束で新たな時代を創っていく!埼車協青年部が、この志塾が、全国の先駆者となれるよう努力し共に歩みましょう。
 

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

公演ありがとうございます

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース